高田与清(読み)タカダトモキヨ

大辞林 第三版の解説

たかだともきよ【高田与清】

1783~1847) 国学者。本姓、小山田氏。高田家の養子。号、松屋まつのや。武蔵の人。漢学を古屋昔陽、国学を村田春海はるみに学び、考証学に通暁。水戸の史館に出仕し、「八州文藻」「扶桑拾葉集注釈」を撰進。著「松屋筆記」、編「群書捜索目録」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

たかだ‐ともきよ【高田与清】

江戸後期の国学者本姓小山田。のち高田家の養子となる。松屋と号した。漢学を古屋昔陽に、国学を村田春海に学ぶ。考証の学に通じた蔵書家として知られ、「群書捜索目録」を編纂。他に「松屋筆記」「擁書漫筆」「十六夜日記残月鈔」などの著作がある。天明三~弘化四年(一七八三‐一八四七

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

リテラシー

1 読み書き能力。また、与えられた材料から必要な情報を引き出し、活用する能力。応用力。2 コンピューターについての知識および利用能力。→コンピューターリテラシー3 情報機器を利用して、膨大な情報の中か...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android