高野山通念集(読み)こうやさんつうねんしゅう

世界大百科事典 第2版「高野山通念集」の解説

こうやさんつうねんしゅう【高野山通念集】

一無軒道冶の手になる高野山の名所案内記。単に通念集ともいう。寛文年間(1661‐73)成立。女人禁制のため高野山に登れない女性を対象として編集された。10巻10冊から成り,高野山上,天野道中,天野,慈尊院名所旧跡を絵入りで紹介している。また付録として高野山御幸考などが付されている。1812年(文化9)に高野山の行人方の手によって板行された。【和多 秀乗】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android