コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高野昌碩 たかの しょうせき

1件 の用語解説(高野昌碩の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高野昌碩 たかの-しょうせき

1760-1802 江戸時代中期-後期の武士。
宝暦10年生まれ。常陸(ひたち)水戸藩士。立原翠軒に師事,「芻蕘(すうじょう)録」「富強六略」を藩に上呈して農政改革,郡(こおり)奉行の任地在勤制などを提案。意見がみとめられ,御目見(おめみえ)格,さらに郡奉行となった。享和2年死去。43歳。名は世竜。字(あざな)は子隠。通称は文助。別号に陸沈。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

高野昌碩の関連キーワード山県周南前古典派音楽志筑忠雄滑稽本奴隷貿易ゴヤ(年譜)グエン(阮)朝ドニエプロペトロフスク十返舎一九グエン朝

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone