陸沈(読み)りくちん

精選版 日本国語大辞典「陸沈」の解説

りく‐ちん【陸沈】

〘名〙
賢人俗人の間にひそんでいること。
※菅家文草(900頃)二・裴大使留別之什「交情不北溟深別恨還如」 〔荘子‐則陽〕
② 滅亡すること。
太平記(14C後)一四「氏族の陸沈(リクチン)を御助候へ」 〔世説新語‐軽詆〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報