コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高階遠成 たかしなの とおなり

2件 の用語解説(高階遠成の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高階遠成 たかしなの-とおなり

756-818 平安時代前期の官吏。
天平勝宝(てんぴょうしょうほう)8年生まれ。延暦(えんりゃく)23年遣唐使節の判官(じょう)として唐(中国)にわたる。大同(だいどう)元年空海,橘逸勢(たちばなの-はやなり)らの留学生をつれて帰国。空海より託された請来(しょうらい)目録と上表文を進上した。主計頭(かずえのかみ),民部少輔(みんぶのしょう),大和介(やまとのすけ)を歴任。弘仁(こうにん)9年3月21日死去。63歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

高階遠成

没年:弘仁9.3.21(818.4.29)
生年:天平勝宝8(756)
平安初期の官人。延暦24(805)年,遣唐判官として入唐し,翌年10月,留学生橘逸勢 と留学僧空海らを伴って帰国した。遠成の出立は2年前に派遣された遣唐大使藤原葛野麻呂らの帰国した直後で,しかも突然の派遣であり,おそらく中国に残った遣唐使たちを迎えるためであったと思われる。これは長安で学んだ密教の本義を早く日本に伝えたいと思っていた空海に特に幸いした。逸勢と空海から帰国を依頼されて皇帝に提出した遠成の上申書が『旧唐書』『新唐書』に収められている。なお遠成は在唐中の元和1(806)年1月,中国の官職「中大夫,試太子允」を賜っている。帰国復命の日に従五位上を授けられ,以後主計頭,民部少輔などを歴任した。

(瀧浪貞子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高階遠成の関連キーワード官人続日本紀防鴨河使凌雲集延暦追立の官人観察使斎部浜成紀真人(2)藤原上子

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone