コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高麗歌謡 こうらいかようkoryǒ kayo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高麗歌謡
こうらいかよう
koryǒ kayo

朝鮮,高麗時代につくられた一群の詩歌形態で,特に民衆の間で広く伝えられた俗謡をいう。高麗王朝中期以後から末期にいたる時期 (13~14世紀) につくられたと考えられる。「別曲」「長歌」「古俗歌」などとも呼ばれる。多くは6句体を基準とする詩連がいくつか重なり,連と連との間に囃子 (はやし) 言葉が入る。大部分は作者が伝わらない。内容はおおむね恋愛感情あるいは離別悲しみをテーマとしている。現在『楽学軌範』『楽章歌詞』『時用郷楽譜』などの文献に三十余編が伝わっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

高麗歌謡の関連キーワード朝鮮文学朝鮮歌辞

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android