楽学軌範(読み)がくがくきはん(英語表記)Akhak gwebǒm

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

楽学軌範
がくがくきはん
Akhak gwebǒm

朝鮮古典音楽の貴重な解説書。成宗 24 (1493) 年8月,勅命により礼曹判書成俔が中心となって編纂。光海君2 (1610) 年開版。全9巻3冊。過去に宮廷で演奏された音楽を雅楽唐楽,郷楽に大別し,楽器も雅部,唐部,郷部に区分。音律論,雅楽制度,楽曲解説,楽器解説,雅楽・舞楽の服装,用具の解説などを詳細に記す。朝鮮文字をわずかに加えた漢文で書かれ,多数の挿絵を含む。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

がくがくきはん【楽学軌範】

朝鮮,李朝の音楽書。1493年(成宗24)8月,当時,礼曹判書でとくに音律に明るかった成俔(せいけん)が中心となり,主簿の申末平,典楽の朴・金福根などが勅命を受けて,掌楽院にあった各種の儀軌と楽譜を整理し,編纂した楽書。全9巻3冊。このときの版は豊臣秀吉の文禄の役(壬辰倭乱,1592)の際散逸したが,日本の蓬左文庫に唯一現存する。成宗以後,何回か復刻され,1610年(光海君2)版,1655年(孝宗6)版,1743年(英祖19)版があったが,わずかに数本を残す。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の楽学軌範の言及

【朝鮮音楽】より

…《保太平》と《定大業》は世宗が祖宗の功徳をたたえて創作した音楽だが,のちに世祖代になると宗廟楽として採択された。朝鮮音楽史上最高の楽書と考えられている《楽学軌範》全9巻3冊は1493年(成宗24)に刊行された。16~17世紀にかけての日本の侵略(壬辰倭乱(じんしんわらん),または文禄・慶長の役)と女真族の侵入により,国力は消耗し,宮廷音楽のうち雅楽は縮小したが,その脈絡は続いた。…

※「楽学軌範」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android