髪上げ(読み)カミアゲ

デジタル大辞泉の解説

かみ‐あげ【髪上げ】

髪を結い上げること。
古代・中世、貴族の娘が12、3歳ころに行った成人式。かぶろにしていた髪を束ねて後ろに垂らす。ふつう裳着(もぎ)と同時に行った。
「よき程なる人になりぬれば、―などさうして」〈竹取
古代・中世、女房が陪膳(ばいぜん)や儀式の際に、垂れ髪を前頭部で束ねて、かんざしで留めること。
「ないがしろなるもの。女官どもの―姿」〈・二五七〉

くし‐あげ【髪上げ】

御髪上(みぐしあ)げ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かみあげ【髪上げ】

( 名 ) スル
(主に女子の)髪を結い上げること。
昔、女子が一二、三歳になった時、成人の儀式として垂れ髪を結い上げたこと。 「よき程なる人に成りぬれば、-などさうして/竹取」
女房が、前髪を頭頂に束ねて釵子さいしなどでとめること。また、その髪形。陪膳ばいぜんや儀式のときの髪形。 「 -うるはしき、唐絵のさましたる人/寝覚 1

くしあげ【髪上げ】

( 名 ) スル

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

髪上げの関連情報