コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

髪上げ カミアゲ

デジタル大辞泉の解説

かみ‐あげ【髪上げ】

髪を結い上げること。
古代・中世、貴族の娘が12、3歳ころに行った成人式。かぶろにしていた髪を束ねて後ろに垂らす。ふつう裳着(もぎ)と同時に行った。
「よき程なる人になりぬれば、―などさうして」〈竹取
古代・中世、女房が陪膳(ばいぜん)や儀式の際に、垂れ髪を前頭部で束ねて、かんざしで留めること。
「ないがしろなるもの。女官どもの―姿」〈・二五七〉

くし‐あげ【髪上げ】

御髪上(みぐしあ)げ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かみあげ【髪上げ】

( 名 ) スル
(主に女子の)髪を結い上げること。
昔、女子が一二、三歳になった時、成人の儀式として垂れ髪を結い上げたこと。 「よき程なる人に成りぬれば、-などさうして/竹取」
女房が、前髪を頭頂に束ねて釵子さいしなどでとめること。また、その髪形。陪膳ばいぜんや儀式のときの髪形。 「 -うるはしき、唐絵のさましたる人/寝覚 1

くしあげ【髪上げ】

( 名 ) スル

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

髪上げの関連キーワード取り上げる・取上げる裙帯(くたい)常磐津林中上げ優り女房装束垂れ髪放れ駒つらむ髪上ぐ髪飾り十二単平額直衣裳着釵子なく唐絵

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

髪上げの関連情報