コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

裳着 もぎ

5件 の用語解説(裳着の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

裳着
もぎ

平安~鎌倉時代,公家の女子が成人した印として初めてを着ける儀式。 12~16歳ぐらいのとき特に配偶者の決ったときやその見込みのあるときに行うことが多い。男子の加冠 (かかん) に相当し,吉日を選んで貴人や一族の長者が,童女の腰 (裳の紐) を結ぶことになっていた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

も‐ぎ【×裳着】

主に平安時代、公家の女子が成人したしるしに初めてをつける儀式。結婚前の12、3歳ごろ、吉日を選んで行った。着裳(ちゃくも)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

もぎ【裳着】

平安朝の宮廷貴族社会で行われた通過儀礼の一つで,女子が成人して初めて衣裳を着ける儀式をいう。裳著とも書き,和文の文学作品での呼び方で,漢文体の公卿日記・儀典書などでは〈着(著)裳(ちやくも)〉という。年齢はだいたい12~14歳ぐらいで行われ,配偶者の決まったとき,または見込みのあるときに行うことが多く,これによって結婚の資格を獲得したことを意味する。裳の腰を結ぶ腰結(こしゆい)の役,髪を結い上げる結髻(けつけい)・理髪の役があり,腰結は元服の加冠と同じく最も重要視され,尊属,または徳望のある高貴な人を選んであらかじめ依頼しておく。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

もぎ【裳着】

平安時代、公家の女子が成人したしるしとして、初めて裳を着ける儀式。男子の元服に当たる。一二歳から一四歳の頃、婚儀以前に行うのが習わしであった。吉日を選んで尊長者が腰の紐ひもを結び、髪を垂れ髪から結い髪に改めた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

裳着
もぎ

公家(くげ)女子が成人したしるしに初めて裳をつける儀式。年齢は一定していないが、12、3歳のころ吉日を選んで行われ、徳望ある人に裳の腰(紐(ひも))を結んでもらった。『栄花物語』(輝く藤壺(ふじつぼ))には、彰子(しょうし)の裳着は、12歳のときに行われたとある。平安時代に、大人も垂髪になったが、従来の成人すると結髪をする習いから、形式的に、髪上げの儀式をも同時に行った。『源氏物語』(行幸(みゆき))に「御裳着のことをこそと思(おぼ)して、その御まうけの御調度のこまかなる清らども加へされ給ひ」とみえる。[高田倭男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

裳着の関連キーワード通過儀礼袴着エチケット風俗歌五十日祝産養加入儀礼魚味始宮廷貴族《通過儀礼》

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

裳着の関連情報