コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鬼一口 オニヒトクチ

2件 の用語解説(鬼一口の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おに‐ひとくち【鬼一口】

《鬼が一口に女を食ってしまったという伊勢物語の説話から》
非常に危険なこと。尋常でない苦難。
「(死ニ対シテ)つい気を許して…高慢にふるまおうとする。と―だ」〈有島生れ出づる悩み
すばやく、たやすいこと。
「―にかんでやる」〈浄・栬狩剣本地〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おにひとくち【鬼一口】

〔「伊勢物語」六段の「鬼はや(女ヲ)一口に食ひてけり」から出た語〕
(鬼に一口で食われるような)危険なこと。 「 -を遁れし心/浄瑠璃・傾城酒吞童子」
(鬼が人を一口に飲み込むような)容易なこと。 「 -に嚙んでやる/浄瑠璃・栬狩」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone