コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鬼押出 オニオシダシ

2件 の用語解説(鬼押出の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おにおしだし【鬼押出】

群馬県西部、浅間山の北斜面に広がる溶岩。天明3年(1783)の大噴火の溶岩流が固まったもので、南北約5.5キロメートル、東西1~2キロメートル。巨岩・奇岩が重なり、また高山植物見られることから、観光地としてにぎわう。名は「火口で鬼が暴れて岩を押し出した」といわれたことから。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鬼押出の関連情報