コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鬼押出岩 おにおしだしいわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鬼押出岩
おにおしだしいわ

群馬県西部,天明3(1783)年の天明浅間山噴火で噴出した溶岩流が凝固して堆積した大岩石地域。南北約 5km,東西 1~2km,厚さ 30mにわたり奇岩怪石が重なり合い,近年は溶岩の間の植生が少しずつ繁茂するようになった。岩質は輝石安山岩(→安山岩)。北東端の岩窟ホールを中心として観光開発が進み,展望台,火山博物館がある。付近の浅間山溶岩樹型は国の特別天然記念物上信越高原国立公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

鬼押出岩の関連キーワード北軽井沢

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android