コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鬼食ひ オニクイ

デジタル大辞泉の解説

おに‐くい〔‐くひ〕【鬼食ひ】

貴人の食物の毒味。宮中で、元旦に天皇が飲む屠蘇(とそ)を、薬子(くすりこ)と称する少女が鬼の間から出て試食したところからという。→鬼飲(おにの)み
「国国より奉る氷室の雪氷を、くすりのつかさになめ、―をさせて」〈歌林四季物語・六〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おにくい【鬼食ひ】

〔「おにぐい」とも〕
貴人の食物の毒味をすること。毒味。鬼。 〔昔、宮中で、元旦に天皇が食す屠蘇とそを試食する薬子くすりこが「鬼の間」から出てきたことからという〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

鬼食ひの関連キーワード薬子

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android