コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

魂呼ばい タマヨバイ

デジタル大辞泉の解説

たま‐よばい〔‐よばひ〕【魂呼ばい】

魂(たま)呼び」に同じ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たまよばい【魂呼ばい】

死者の霊魂を呼び戻す儀式。屋根の上に登ったり、井戸の中に向かったりして大声で死者の名を呼んだりするもの。たまよび。招魂。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の魂呼ばいの言及

【魂呼び】より

…臨終のときとか,急死の場合とかに死者の名を呼び蘇生(そせい)させようとする行為。魂呼ばいともいい,とくに若者や産婦の死のときに行われる。愛媛県では急死者の場合には〈ひとよび〉といい,男が屋根の棟に登って名を呼ぶ。…

※「魂呼ばい」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

魂呼ばいの関連キーワード魂呼び人魂死霊大声儀式招魂死者霊魂井戸

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android