コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

魂呼ばい タマヨバイ

デジタル大辞泉の解説

たま‐よばい〔‐よばひ〕【魂呼ばい】

魂(たま)呼び」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たまよばい【魂呼ばい】

死者の霊魂を呼び戻す儀式。屋根の上に登ったり、井戸の中に向かったりして大声で死者の名を呼んだりするもの。たまよび。招魂。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の魂呼ばいの言及

【魂呼び】より

…臨終のときとか,急死の場合とかに死者の名を呼び蘇生(そせい)させようとする行為。魂呼ばいともいい,とくに若者や産婦の死のときに行われる。愛媛県では急死者の場合には〈ひとよび〉といい,男が屋根の棟に登って名を呼ぶ。…

※「魂呼ばい」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

魂呼ばいの関連キーワード魂呼び人魂死霊大声儀式招魂死者霊魂井戸

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android