コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

魔の沼 まのぬまLa Mare au diable

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

魔の沼
まのぬま
La Mare au diable

フランスの女流作家ジョルジュ・サンドの小説。 1846年刊。3人の子供をかかえて再婚話のために相手方におもむく農民ジェルマンと,他村に奉公に行く貧農の娘マリーが,霧に行き迷い「魔の沼」のほとりに一夜を過し,曲折を経て結ばれるまでを描く。ベリー地方の田園を背景に,素朴な自然と心情をたたえた,独自の「田園小説」。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

まのぬま【魔の沼】

《原題、〈フランス〉La Mare au diableサンドの小説。1846年刊。田園小説の傑作とされる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

魔の沼の関連キーワード農民文学

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android