コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

魔乳(読み)マニュウ

百科事典マイペディアの解説

魔乳【まにゅう】

奇乳とも。男女とも生後4〜7日に乳腺がはれ,ときに初乳様の液を分泌すること。母体からのエストロゲン,プロラクチンの影響によるものといわれ,特に害はなく,放置しても次第に消退する。無理にしぼり出したりすると乳腺炎を起こすことがある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

まにゅう【魔乳 witch’s milk】

生後数日間,新生児の乳腺から乳汁様の液体が分泌されることがある。これを魔乳といい,また奇乳ともいう。妊娠中,母体ではエストロゲンが多量に分泌され,これが乳腺を発達させるとともに,脳下垂体に作用して,乳汁分泌を促すプロラクチンの分泌を抑制している。ところが分娩とともに,エストロゲンの分泌が急速に低下し,プロラクチン分泌抑制がなくなるために,プロラクチン分泌が増加し,乳汁の分泌が開始される。妊娠中のエストロゲンは,胎盤を通じて新生児にも移行するが,出生とともにエストロゲン供給が停止するため,母体と同様な機構でプロラクチンが少量分泌されて,これが乳腺に作用して魔乳現象がみられるのである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android