コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

魚山蠆芥集 ぎょさんたいがいしゅう

1件 の用語解説(魚山蠆芥集の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ぎょさんたいがいしゅう【魚山蠆芥集】

真言声明(しようみよう)の曲集。略称《魚山集》。内題《魚山私鈔》。〈魚山〉は声明,〈蠆〉はとげ,またはこまごましたこと,〈芥〉はあくたを意味し,全体で多数の声明を載せた曲集の意に解されている。真言声明の基本的な曲集であるが,同時に収載の全曲には声明固有の楽譜(譜博士)とともに唱法上の諸注意や口伝などが記されていて,声明学習者のための教則本的性格を備えている。上・中・下の3巻を一帖として上巻には四箇(しか)法要曲を,中巻には曼荼(陀)羅供曲を,下巻には諸讃類を収めている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone