コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

講式 こうしき

6件 の用語解説(講式の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

講式
こうしき

声明 (しょうみょう) の一種。 12世紀初め頃に現れ,鎌倉時代に数多くつくられた。詞章は漢文体の日本語で書かれ,仏や先徳,高僧の業績を述べ,それを賛美する。美辞を連ねた長大なものが多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

講式
こうしき

種々の講会 (こうえ) に行う儀式,あるいは式次第を記した書をいう。永観の『往生講式』には,発菩提心,懺悔業障,随喜善根,念仏往生,賛嘆極楽,因円果満,回向功徳の7つに分けた講会の順序の記述がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こう‐しき【講式】

仏・菩薩(ぼさつ)や高僧などの徳をたたえる法会の儀式。和文の声明(しょうみょう)が行われる。
法会の儀式の次第を定めた書物。式文と賛嘆とからなるもので、永観の往生講式、高弁の四座講式など、平安中期以後の名僧の手になるものが多い。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こうしき【講式】

講会の儀式次第,とくに文学的表現で講会の法則を示したもの。講会は講式にしたがって行われる。数段にわけられた創作的な講式文や,ときには歌讃(声明(しようみよう))なども加えられて,仏菩薩や高僧などの徳を讃嘆したり,特定の信仰や行業を勧化する。たとえば永観の《往生講式》は発菩提心,懺悔業障,随喜善根,念仏往生,讃嘆極楽,因円果満,回向功徳の七門にわかって,往生極楽の宗教心を高揚し,念仏行を策励する。この講式を法則として営まれたのが往生講である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こうしき【講式】

声明しようみようの曲種の一。朗唱的声明の代表的存在。詞章は美文調の漢文訓読体で、仏徳を説明して讃談する内容。法会ほうえを聴聞する人々を教化する機能をもち、法会の眼目となる。原義は「講の式文」。平安中期以来、多種多様な講式が作られ、平曲・謡曲などの語り物音楽の源流となった。四座講式・舎利講式・六道講式などが名高い。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

講式
こうしき

仏教法会(ほうえ)の儀式次第のうち、とくに仏・菩薩(ぼさつ)、祖師などの徳を講讃(こうさん)する儀式をいう。源信(げんしん)の「二十五三昧(さんまい)式」(986)はその嚆矢(こうし)で、その後盛んに流行した。講式の名称は、源信の「六道(ろくどう)講式」を最初とする。しかしその後、歌詠賛嘆の儀を付す講式が主流となり、このような講式は永観(ようかん)の「往生(おうじょう)講式」がその初めとされる。さらに真源(しんげん)の「順次往生講式」では、管弦(かんげん)、催馬楽(さいばら)を結合したものとなった。以上の平安時代の講式がいずれも阿弥陀(あみだ)信仰を中心としたのに対し、鎌倉時代には貞慶(じょうけい)、明恵(みょうえ)らによる釈迦(しゃか)、弥勒(みろく)、神祇(じんぎ)信仰を鼓吹(こすい)するものが現れた。貞慶には「弥勒講式」「舎利(しゃり)講式」などがあり、明恵には「四座(しざ)講式」「光明真言(こうみょうしんごん)講式」「大明神(だいみょうじん)講式」などがある。室町時代には、本願寺覚如(かくにょ)の「報恩(ほうおん)講式」、存覚(そんがく)の「謝徳(しゃとく)講式」「両師講式」などが祖師を顕彰するものとして注目される。現在、それらの講式のうちすでに廃絶したものも多いが、真宗の報恩講、禅宗の五講、また涅槃(ねはん)講などにおいて若干の講式が行われている。[北西 弘]
『金田一春彦著『四座講式の研究』(1964・三省堂)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の講式の言及

【二重】より

…後者の二重は,初重,三重との音程関係が確定している場合と,していない場合とがある。その二重がさらに発展した例は,講式に見ることができる。すなわち,初重と三重との中間の音域で作曲されて楽式上のひとまとまりとなっている部分であるが,講式の二重は,音域のほかにもはなやかな旋律であるのが特徴で,淡々と続いてきた初重のあとに配されて,はっきりした音楽上の転換をもたらすのに効果を生んでいる。…

【日本音楽】より

…しかし,田楽,猿楽が真に流行しその芸質を高めるのは次の第4期においてである。一方,雅楽と同じころ輸入された仏教音楽の声明も,雅楽と同じようにこの期において日本化され,日本声明ともいうべき講式和讃(わさん)が生まれた。
[第4期]
 民族音楽興隆時代(13~16世紀) 鎌倉時代の実権を握った武士の間では,平家琵琶(平曲)という琵琶の伴奏で《平家物語》という長編の叙事詩を語る音楽が流行した。…

※「講式」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

講式の関連キーワード式次第雨儀御湯殿の儀式講会綱掌式次長講会次第書舎利講会八講会

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

講式の関連情報