コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鮎擬 アユモドキ

大辞林 第三版の解説

あゆもどき【鮎擬】

コイ目ドジョウ科の淡水魚。全長12センチメートル 程度。口ひげは三対あって、体は側扁し、尾の後縁が二つに分かれる。体色は黄褐色で、体側に濃淡の七~八本の横縞がある。体形が一見アユに似る。琵琶湖と大阪・岡山の河川の入江、河床湧水のある支流に生息していたが、環境の悪化により個体数は激減。天然記念物。ウミドジョウ。アイハダ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

鮎擬 (アユモドキ)

学名:Leptobotia curta
動物。ドジョウ科の淡水魚

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

鮎擬の関連キーワードウミドジョウアユモドキ黄褐色口ひげ入江支流横縞後縁体側体色体形濃淡

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android