コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鮎/年魚/香魚 アユ

デジタル大辞泉の解説

あゆ【×鮎/年魚/香魚】

サケ目アユ科の淡水魚。全長20~30センチ。体は細長く紡錘形で、脂びれをもつ。背側は緑褐色、腹部は銀白色、胸びれ上方に黄金色の斑紋がある。秋、川の中流域で産卵。稚魚は海へ下って越冬し、春、川を上り、藻類を食べて成長する。夏に美味。あい。こうぎょ。 夏》「―の香や膳の上なる千曲(ちくま)川/東洋城
[補説]寿命が1年であるので「年魚」、香りがあるので「香魚」と書く。
[補説]書名別項。→

あゆ【鮎】[書名]

丹羽文雄短編小説、および同作を表題作とする小説集。作品は昭和7年(1932)、「文芸春秋」誌に発表。作品集は昭和10年(1935)刊行。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

鮎 (アユ)

学名:Plecoglossus altivelis
動物。アユ科の遡河性魚

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

鮎[水産]
あゆ

近畿地方、奈良県の地域ブランド。
主に吉野郡吉野町で漁獲されている。春の遡上から秋の産卵まで僅か1年でその一生をとじる鮎は、昔から多くの人に親しまれてきた。5月後半から鮎漁が解禁される。針に生きた鮎を囮としてつなぎ攻撃にきたほかの鮎を釣る、友釣りと呼ばれる独特の釣法が特徴。

出典|日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について | 情報

鮎/年魚/香魚の関連キーワード安田川アユおどる清流キャンプ場あした、カルメン通りで福島県福島市立子山蝶々夫人に赤い靴椿姫を見ませんかあゆコロちゃんあすなろ物語紀州仕立て鮎鮎の里ほらど鮎のリエット鱁鮧・潤香愛に愛持つ琵琶湖産鮎たまごはんかがり焼鮎鮎かつぎ唄皆になる火振り漁満寿満壽近畿地方

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android