コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鮫島氏 さめじまうじ

世界大百科事典 第2版の解説

さめじまうじ【鮫島氏】

駿河,薩摩の中世武家。〈佐女島〉とも書く。桓武平氏の出で,駿河国富士郡鮫島より起こるという。鎌倉初期,四郎宗家が源頼朝より薩摩国阿多郡の地頭職を与えられて下向したのが薩摩鮫島氏の始まり。一説では薩摩の阿多氏と同族というが不明。宗家の阿多地頭職が,平家に味方して没官された阿多氏の所領跡に置かれたものであることから,後世両氏を同族とみる説が生まれたとも考えられる。宗家の後,阿多地頭職は北方と南方とに二分され,北方を嫡子家高,南方を庶子宗景が相続したらしい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鮫島氏の関連情報