コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

没官 もっかん

7件 の用語解説(没官の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

没官
もっかん

律による刑罰の一種。重罪を犯した者の所領,財産,家人などを朝廷が没収すること。その規定と適用は種々複雑であった。没官となった人間は奴婢 (ぬひ) とされ,没収した所領を没官領と称した。 (→平家没官領 )。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ぼっ‐かん〔‐クワン〕【没官】

官職を取り上げること。
もっかん(没官)

もっ‐かん〔‐クワン〕【没官】

犯罪者やその家族・土地・財産などを官に没収すること。における形罰で、謀反(むへん)大逆を犯した者の父子・家人は官戸公奴婢とされ、資財・田宅などは没収された。ぼっかん。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

もっかん【没官】

律における刑罰で人身または物品を官に没収すること。(1)人身の没官。謀反・大逆の罪の縁坐として科される刑罰で,その身を官に没収して賤民とする(官戸)。前記の罪を犯した者の父子および家人(けにん)が没官の対象となるが,日本律におけるその対象の範囲は,唐律にくらべて大幅に縮小されている。人身の没官は,刑罰体系上,絞と遠流の中間に位置する。(2)物品の没官。さらに次の3種があるが,いずれも付加刑である。(a)彼此俱罪の贓。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ぼっかん【没官】

官を取り上げること。
もっかん(没官) 」に同じ。

もっかん【没官】

〔「ぼっかん」とも〕
刑罰として人身または物品を官に没収すること。律では謀反や大逆罪など重罪を犯した者に科される付加刑罰で、その父子・家人・田宅・資財を官に取り上げること。人身の場合は官奴婢とし、没収された土地は没官領といった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

没官
もっかん

人や物品・財産を官に没収すること。律の刑罰の一つで、普通付加刑といわれるが、人については主刑となる。人の場合、謀反(むへん)・大逆を犯した者の父子と家人は、年80以上、篤疾(とくしつ)者を除き没官されて官戸・官奴婢(ぬひ)となる。物品・財産の没官には、受財枉法(おうほう)などの場合の彼比倶罪(ひしぐざい)の贓(ぞう)、私有を禁止された兵器・禁書など犯禁物、謀反・大逆の犯罪者の財産の3種がある。母法の唐律では謀反・大逆の場合、父と年16以上の子が絞(こう)、15以下の子、母、女、妻妾(さいしょう)、子の妻妾、祖孫、兄弟姉妹が没官と規定し、日本に比べ刑が重く、没官の範囲もはるかに広い。『魏志倭人伝』(ぎしわじんでん)に「其犯法、軽者没其妻子……」とみえ、『古事記』『日本書紀』に類似記事があり、伝統的刑罰の一種とみられる。740年(天平12)の藤原広嗣(ひろつぐ)の事件に際する「没官五人」などの例もある。また、類語に没官地、没官領などがあり、1183年(寿永2)後白河(ごしらかわ)院による平家追討時の平家没官領などの事例がある。[菊池克美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の没官の言及

【没官領】より

…平安時代後期以降,国家反逆罪に対し,付加刑として国家すなわち官に没収された所領をいう。《古事記》や《日本書紀》には,すでに大和王権が地方豪族の土地・財産を没収する慣習法がみられ,奈良時代以降は律によって,国家反逆罪中最も重い天皇に危害を加える謀反(むへん)と宮城・陵墓を破壊する大逆(だいぎやく)とに,付加刑として父子田宅資財を没官する規定が設けられ,実施されてもいたが,それらは必ずしも土地が中心でなく,土地であっても〈領〉とよばれることはなかったので,通常没官領とはいわない。しかし,平安時代後期以降,社会が世襲される所領によって骨格づけられ,所領没収が重刑事犯罪一般にも適用される傾向が広がると,朝廷は上記の国家反逆罪に対する没官を,所領を主対象として積極的に展開するようになり,そのさい没官される所領を没官領とよぶようになった。…

※「没官」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

没官の関連キーワードグロス適刺激人身御供付加刑船荷証券閉門報酬没田蔵移し刑事事件における第三者所有物の没収手続に関する応急措置法

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone