コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鮮やぐ アザヤグ

デジタル大辞泉の解説

あざ‐や・ぐ【鮮やぐ】

[動ガ四]
はっきり目に見える。鮮やかに見える。
「侍従も、あやしき褶(しびら)着たりしを、―・ぎたれば」〈・浮舟〉
きりっとしている。てきぱきしている。
「物々しく―・ぎて、心ばへもたをやかなる方はなく」〈・宿木〉
[動ガ下二]鮮やかにする。はっきりさせる。
「宮達の御衣(おんぞ)ばかりをぞ、―・げさせ給ひて」〈栄花・ゆふしで〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あざやぐ【鮮やぐ】

( 動四 )
色などが際立って見える。鮮やかに見える。 「侍従も怪しき褶しびら着たりしを、-・ぎたれば/源氏 浮舟
性質がはっきりしすぎて、情味に欠ける。穏やかでない。 「少し雄々しく-・ぎたる御心には、しづめがたし/源氏 乙女
( 動下二 )
目立たせる。 「宮達の御衣ばかりをぞ-・げさせ給て/栄花 ゆふしで

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

鮮やぐの関連キーワードしびら