コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鯨船 クジラブネ

デジタル大辞泉の解説

くじら‐ぶね〔くぢら‐〕【鯨船】

鯨を捕らえるのに使った船。特に、江戸時代の勢子船(せこぶね) 冬》
江戸時代、勢子船の敏捷(びんしょう)性を生かすために、ほとんど同じ船型に作った小型の軍船。
《捕獲した鯨を引く捕鯨船に似ているところから》引き船のこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くじらぶね【鯨船】

江戸時代、鯨を捕らえるときに用いた船。げいす。特に、勢子船せこぶね
江戸時代、捕鯨用の勢子船の軽快な性能を生かして作られた小型軍船。
〔捕獲した鯨を引いて帰る捕鯨船に似ていることから〕 引き船。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

鯨船の関連キーワードジョン(中濱)万次郎(1827~98)中濱万次郎(1827―98)パールアンドハーミーズ環礁catcher boat中浜(ジョン)万次郎キャッチャーボートエンダービーランド鳥出神社の鯨船行事シー・シェパードスターバック島レフィスゾーン富田(三重県)尾池四郎右衛門フロレアナ島ハレパアハオ清兵衛(3)六兵衛(2)キャンベル島ダンディー島大城のぼる

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鯨船の関連情報