鯰髭(読み)ナマズヒゲ

デジタル大辞泉の解説

なまず‐ひげ〔なまづ‐〕【××髭】

ナマズのひげに似た細長い口ひげ。また、そのような口ひげの人。
《多くなまずひげを生やしていたところから》明治初期に、官吏をあざけっていった語。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なまずひげ【鯰髭】

ナマズのひげのように細長い口ひげ。また、それを生やしている人。
を生やした者が多かったので〕 明治初期、官吏をののしっていった語。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

なまず‐ひげ なまづ‥【鯰髭】

〘名〙
のひげのような細長い口ひげ。また、そのような口ひげをはやしている人。
※西洋道中膝栗毛(1870‐76)〈仮名垣魯文〉八「終日終夜歌妓幇間をつどへ鯰髯(ナマヅヒゲ)の薼を払はせ」
② 明治初期に、官吏をあざけっていった語。当時の官吏に鯰のような口ひげをはやした者が多かったところからいう。
※江戸から東京へ(1923)〈矢田挿雲〉九「いはゆる官員と称する薩長土肥の鯰髯(ナマヅヒゲ)、鰌髯(どぜうひげ)が」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

翔んで埼玉

魔夜峰央(まやみねお)によるギャグマンガ、及び、それを基にした映画作品。埼玉県民が東京都民に虐げられる架空の日本を舞台に、埼玉県解放を目指す人々の愛と戦いを描く。「花とゆめ」(白泉社)の1982年冬の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android