コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 ナマズ

2件 の用語解説(鯰の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

なまず〔なまづ〕【×鯰】

ナマズ目ナマズ科の淡水魚。流れの緩やかな川や湖沼の泥底にすみ、全長約50センチ。頭部は縦扁するが尾部は側扁し、うろこはない。口ひげは4本ある。体色は暗褐色ないし緑褐色で、雲形斑紋のあることが多い。夜行性。東アジアに分布。食用。近縁種に琵琶湖特産のビワコオオナマズ・イワトコナマズがある。 夏》「―見てもの書けぬ時慰みぬ/青邨
(大ナマズが地中であばれるため地震が起こるという俗説から)地震のこと。
鯰髭(なまずひげ)」の略。
[補説]「鯰」は国字。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

なまず【鯰】

ナマズ目の淡水魚。全長50センチメートルに達する。頭が大きくて平たく、体は側扁する。口に幼魚は六本、成魚は四本のひげをもつ。背面・側面は暗褐色で、不規則な雲形斑紋のある場合が多い。肉は白身で、蒲焼き・鍋物として美味。日本のほぼ全土、朝鮮半島・中国に分布。近縁種にビワコオオナマズ・イワトコナマズがいる。 [季] 夏。
〔地中にいる大きな鯰があばれるために地震が起こるという俗信から〕 地震のこと。
とらえどころのないこと。つかまえどころのないこと。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鯰の関連キーワードデンキナマズナマズアメリカナマズ電気鯰鯰髭癜肌なまりん多様な生物ナマズ(鯰)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鯰の関連情報