コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナマズ

デジタル大辞泉の解説

なまず〔なまづ〕【×鯰】

ナマズ目ナマズ科の淡水魚。流れの緩やかな川や湖沼の泥底にすみ、全長約50センチ。頭部は縦扁するが尾部は側扁し、うろこはない。口ひげは4本ある。体色は暗褐色ないし緑褐色で、雲形斑紋のあることが多い。夜行性。東アジアに分布。食用。近縁種に琵琶湖特産のビワコオオナマズ・イワトコナマズがある。 夏》「―見てもの書けぬ時慰みぬ/青邨
(大ナマズが地中であばれるため地震が起こるという俗説から)地震のこと。
鯰髭(なまずひげ)」の略。
[補説]「鯰」は国字

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なまず【鯰】

ナマズ目の淡水魚。全長50センチメートルに達する。頭が大きくて平たく、体は側扁する。口に幼魚は六本、成魚は四本のひげをもつ。背面・側面は暗褐色で、不規則な雲形斑紋のある場合が多い。肉は白身で、蒲焼き・鍋物として美味。日本のほぼ全土、朝鮮半島・中国に分布。近縁種にビワコオオナマズ・イワトコナマズがいる。 [季] 夏。
〔地中にいる大きな鯰があばれるために地震が起こるという俗信から〕 地震のこと。
とらえどころのないこと。つかまえどころのないこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

鯰の関連キーワード治五右衛門(9代)C. アウエハント鯰を瓢簞で押さえる瓢箪で鯰を押さえる瓢簞で鯰を押さえる志賀廼家 淡海瓢箪鯰・瓢簞鯰安政の大地震アウエハント宏観異常現象佐々木甚蔵瓢箪・瓢簞永田耕衣ふたふた浜坂砂丘倉田葛三鳥取平野鹿島大神今村明恒鳥取砂丘

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鯰の関連情報