(読み)ナマズ

デジタル大辞泉の解説

なまず〔なまづ〕【×鯰】

ナマズ目ナマズ科の淡水魚。流れの緩やかな川や湖沼の泥底にすみ、全長約50センチ。頭部は縦扁するが尾部は側扁し、うろこはない。口ひげは4本ある。体色は暗褐色ないし緑褐色で、雲形斑紋のあることが多い。夜行性。東アジアに分布。食用。近縁種に琵琶湖特産のビワコオオナマズ・イワトコナマズがある。 夏》「―見てもの書けぬ時慰みぬ/青邨
(大ナマズが地中であばれるため地震が起こるという俗説から)地震のこと。
鯰髭(なまずひげ)」の略。
[補説]「鯰」は国字

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なまず【鯰】

ナマズ目の淡水魚。全長50センチメートルに達する。頭が大きくて平たく、体は側扁する。口に幼魚は六本、成魚は四本のひげをもつ。背面・側面は暗褐色で、不規則な雲形斑紋のある場合が多い。肉は白身で、蒲焼き・鍋物として美味。日本のほぼ全土、朝鮮半島・中国に分布。近縁種にビワコオオナマズ・イワトコナマズがいる。 [季] 夏。
〔地中にいる大きな鯰があばれるために地震が起こるという俗信から〕 地震のこと。
とらえどころのないこと。つかまえどころのないこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

なまず なまづ【鯰】

〘名〙
① ナマズ目ナマズ科の淡水魚。体長はふつう五〇センチメートルぐらいになる。頭部と口が大きく、上顎と下顎に各一対、計四本の口ひげ(幼魚では六本)をもつ。うろこはなく体表は粘液でおおわれ、ぬるぬるする。背びれはきわめて小さく、しりびれは発達して長い。胸びれに太いとげをもつ。背面は青黒く、腹面は白い。川や湖沼の砂泥底にすみ、小魚やカエルを捕食。五~六月に水草に卵を産みつける。食用とする。近縁種に、琵琶湖特産のビワコオオナマズなどがある。本州から九州、朝鮮半島、台湾、中国東部、ベトナム北部に分布。《季・夏》 〔新撰字鏡(898‐901頃)〕
② (①の大きいのが地中にいて、地震は、これがあばれるために起こるという俗説があったところから) 地震。
※雑俳・冠独歩行(1702)「夥し・なまづが背負ふ日本国」
③ (①は、からだが大きく沼などの底にすみ、夜に活動するところから) 大酒飲みのたとえ。うわばみ。大とら。
※歌舞伎・金幣猿島都(1829)大詰「一体、鯰(ナマズ)のおいら二人を」
④ (「鯰に瓢箪(ひょうたん)」の表現から) つかまえにくいこと、とらえどころがないこと、要領を得ないこと。また、そのようなものごと。
※雑俳・たうへがさ(1716‐36)「是は扨・鯰押へに母が行く」
⑤ 「なまずひげ(鯰髭)」の略。
※演歌・ヤッツケロ節(1887‐92頃)〈久田鬼石〉「こんな鯰(ナマズ)は我々が自由の鉄拳(げんこ)でヤッツケロー」
※歌舞伎・四天王産湯玉川(1818)五立「路地番猪の熊坊主、なまづにて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鯰の関連情報