コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鱗文 ウロコモン

デジタル大辞泉の解説

うろこ‐もん【×鱗文】

二等辺三角形や正三角形を上下左右につないである文様

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うろこもん【鱗文】

二等辺三角形を上下左右につないだ文様。 → 鋸歯文きよしもん

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鱗文
うろこもん

二等辺三角形を上下左右につなぎながら展開していった文様。二等辺三角形を左右の方向、つまり帯状に並列したものを鋸歯文(きょしもん)、ないし山形文とよんで鱗文と区別することもある。この文様の歴史は古く、埴輪(はにわ)や古墳の壁面に朱や青の彩色を加えて表されていることが多い。そのためこの文様を原始信仰のシンボルとみる説もある。しかし、奈良時代から鎌倉時代にかけては衰微し、わずかに庶民の衣服の模様として絵巻に散見するだけである。室町時代に入ると、明(みん)から舶来した名物裂(めいぶつぎれ)のなかにこの文様を使った針屋、井筒屋、権太夫(ごんだゆう)といった裂があり、ふたたび文様史の上層部に浮かび上がってくる。その結果として、武家の陣羽織や能装束にまで取り上げられるようになり、とくに能装束では、金銀の摺箔(すりはく)で表された鱗箔が、蛇体を表す女役の衣装の模様として有名である。村元雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の鱗文の言及

【鱗模様】より

…幾何学文様としては,三角形の単位を並列させた鋸歯文,斜めに並べた階段文も広くみられる。また半円形を魚鱗状に重ねる鱗文もギリシア,ローマ,西アジアで多く見られる。三角形の鱗文は,発生も古く,世界各地に分布している。…

※「鱗文」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鱗文の関連キーワード二等辺三角形新開流遺跡東勝寺跡鱗模様模様

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android