コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鱸采蘭 すずき さいらん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鱸采蘭 すずき-さいらん

1848-1889 幕末-明治時代の漢詩人。
嘉永(かえい)元年生まれ。鱸松塘(しょうとう)の次女。父に漢詩を,梁川紅蘭に画をまなぶ。明治3年父が江戸浅草にひらいた七曲吟社で漢詩や書画をおしえると,采蘭をしたって女性入門者が殺到した。「近世画人伝」の口絵をえがいた。明治22年10月31日死去。42歳。安房(あわ)(千葉県)出身。本名は鈴木沢。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

鱸采蘭の関連キーワード一八四八年の革命森鴎外三月革命労働者友愛会ガルニエ=パージェスアウスグライヒウィーン蜂起革命カッタネオグリルパルツァー

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android