鳥尾鶴代(読み)とりお つるよ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鳥尾鶴代 とりお-つるよ

1912-1991 昭和時代の女性。
明治45年5月25日生まれ。女子学習院中等部在学中に鳥尾敬光(のりみつ)子爵と恋愛,昭和7年結婚。敗戦後,GHQ高官の接待役をつとめ,「戦後鹿鳴館時代の女王」と話題をよんだ。24年37歳で未亡人となる。のちに銀座で「バー鳥尾夫人」を経営。平成3年12月27日死去。79歳。東京出身。旧姓は下条(げじょう)。名はのち佳代,多江。自伝に「私の足音が聞こえる」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android