コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥居忠文 とりい ただぶみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鳥居忠文 とりい-ただぶみ

1847-1914 明治-大正時代の華族。
弘化(こうか)4年9月12日生まれ。鳥居忠挙(ただひら)の4男。明治3年兄忠宝(ただとみ)の跡をついで下野(しもつけ)(栃木県)壬生(みぶ)藩主鳥居家8代,壬生藩知事となる。4年岩倉使節団と同船してアメリカに私費留学。子爵,貴族院議員。大正3年10月31日死去。68歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

鳥居忠文の関連キーワード牧野省三第一次世界大戦史(年表)チャップリンセネット第一次世界大戦グリフィスベリンスキーリベリア第1次世界大戦総合年表(アフリカ)

今日のキーワード

イラク日報

2004~06年に陸上自衛隊がイラク復興支援活動に派遣された際の活動報告。04年1月20日~06年9月6日の計435日分が、計1万4,929ページに渡って記されている。陸上自衛隊が08年にまとめた「イ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android