コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥居清忠(5代) とりい きよただ

1件 の用語解説(鳥居清忠(5代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鳥居清忠(5代) とりい-きよただ

1900-1976 大正-昭和時代の日本画家,舞台美術家。
明治33年11月21日生まれ。父の4代清忠(鳥居派宗家7代),小堀鞆音(ともと)らにまなぶ。昭和16年5代をつぎ,鳥居派宗家8代となる。芝居看板絵のほか,歌舞伎,日本舞踊舞台美術もてがけた。昭和51年7月13日死去。75歳。東京出身。本名は斎藤信。別号に言人(ことんど),清言(きよのぶ)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

鳥居清忠(5代)の関連キーワード麻田弁自木村斯光森白甫中村直勝赤木志津子佐久間藤太郎鈴木筆子中島多茂都森井健介山崎豊(3)