コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥居瀬兵衛 とりい せべえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鳥居瀬兵衛 とりい-せべえ

1810-1864 江戸時代後期の武士。
文化7年生まれ。常陸(ひたち)水戸藩士。執政となり諸生党の市川三左衛門らと対立。筑波山の挙兵の際,松平頼徳(よりのり)にしたがい那珂湊(なかみなと)で水戸城兵とたたかう。水戸に召喚され元治(げんじ)元年10月16日処刑された。55歳。本姓は松平。名は忠順。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

鳥居瀬兵衛の関連キーワードクライスト元治ジョージア(旧グルジア)エンゲルスワーグナー(Wilhelm Richard Wagner)ブラウンペルス=ライケン神谷源内植村文楽軒フェルセン

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android