忠順(読み)チュウジュン

大辞林 第三版の解説

ちゅうじゅん【忠順】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
忠実で従順である・こと(さま)。 「 -なる言語、-なる顔容は、大いに徳行の価をして高からしむるなり/西国立志編 正直

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちゅう‐じゅん【忠順】

〘名〙 (形動) 忠実で従順であること。主君、主人に忠誠を尽くして仕え、その意向に従順であること。また、そのさま。
※菅家文草(900頃)二・相国東廊、講孝経畢「士出寒閨忠順成、樵夫不歎負薪行」
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一三「忠順なる言語、忠順なる顔容は、大に徳行の価をして高らしむるなり」 〔孝経‐士章〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

忠順の関連情報