コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥打(ち)帽 トリウチボウ

3件 の用語解説(鳥打(ち)帽の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

とりうち‐ぼう【鳥打(ち)帽】

鳥打ち帽子」に同じ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鳥打帽
とりうちぼう

フランス語ではカスケットcasquette、日本ではハンチングともいわれ、クラウンが平たく柔らかで、ゆったりした感じにできており、まびさしがつく。かぶるときはクラウンの前部分を引き寄せることが多い。素材はツイード柔らかいウール、ビロード、皮などで、クラウンは一枚仕立て、六枚はぎ、八枚はぎがある。男子のツイードなどのスポーツ服に似合うものとして19世紀後期に現れたが、日本へは1887年(明治20)ごろ入り、商人や職人など庶民に愛用された。英国のハンティングキャップはクラウンが半球状で、これとは形が異なる。[浦上信子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鳥打(ち)帽の関連キーワード帽子鳥打ち鳥打ち帽子縄打ち揉烏帽子打出梨子打ち烏帽子花の帽子眉庇鳥打ち鳥撃ち

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone