コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥打(ち)帽 トリウチボウ

デジタル大辞泉の解説

とりうち‐ぼう【鳥打(ち)帽】

鳥打ち帽子」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

鳥打帽【とりうちぼう】

ハンチング

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鳥打帽
とりうちぼう

フランス語ではカスケットcasquette、日本ではハンチングともいわれ、クラウンが平たく柔らかで、ゆったりした感じにできており、まびさしがつく。かぶるときはクラウンの前部分を引き寄せることが多い。素材はツイードや柔らかいウール、ビロード、皮などで、クラウンは一枚仕立て、六枚はぎ、八枚はぎがある。男子のツイードなどのスポーツ服に似合うものとして19世紀後期に現れたが、日本へは1887年(明治20)ごろ入り、商人や職人など庶民に愛用された。英国のハンティングキャップはクラウンが半球状で、これとは形が異なる。[浦上信子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

鳥打(ち)帽の関連キーワードノーフォーク・ジャケット帽子(ぼうし)藤井常世御店者被り物赤帽