コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥文斎栄之 ちょうぶんさい えいし

6件 の用語解説(鳥文斎栄之の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

鳥文斎栄之

江戸後期の浮世絵師。江戸生。姓は細田、名は時富、鳥文斎は号。初め狩野栄川院に学び、将軍徳川家治より栄之の画号を与えられた。のち浮世絵で名を成し多くの門人を輩出する。肉筆画にも優れた。文政12年(1829)歿、74才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ちょうぶんさい‐えいし〔テウブンサイ‐〕【鳥文斎栄之】

細田栄之(ほそだえいし)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

鳥文斎栄之【ちょうぶんさいえいし】

江戸後期の浮世絵師。姓は細田,名は時富,鳥文斎と号した。江戸勘定奉行の長男として生まれたが,家督を子に譲って浮世絵に没頭,気品のある美人画を描いた。代表作は《青楼芸者撰》の連作。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鳥文斎栄之 ちょうぶんさい-えいし

1756-1829 江戸時代中期-後期の浮世絵師。
宝暦6年生まれ。もと旗本。絵は狩野栄川(かのう-えいせん),文竜斎にまなんだという。黄表紙の挿絵や錦絵(にしきえ)で独自の美人画様式をつくりあげた。肉筆画もおおくのこす。文政12年7月2日死去。74歳。江戸出身。姓は細田。名は時富。通称は弥三郎。代表作に「青楼芸者撰(せん)」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

鳥文斎栄之

没年:文政12.7.2(1829.8.1)
生年:宝暦6(1756)
江戸後期の浮世絵師。細田氏,名は時富,俗称は民之丞,弥三郎。細田家は500石取りの幕府直参旗本で,栄之の祖父は勘定奉行を務めてもいる。栄之自身は安永1(1772)年に家督を継ぎ,その後小納戸役などを歴任したが,寛政1(1789)年には致仕,隠居した。絵は狩野栄川院典信,のち文竜斎に師事し,すでに天明(1781~89)後期から浮世絵師としての活動を始めている。初期の作品は天明期の巨匠鳥居清長の影響を強く反映し,清長風の美人画などを描いているが,家督を譲って本格的な作画活動に専心する寛政期(1789~1801)には,独自の静穏な美人画風を打ち立てた。特に,女性の全身像に独自の様式を確立,十二頭身と表現されるすらりとした体躯のなよやかな美人錦絵を,寛政後期まで多数制作している。寛政後期から享和~文化(1801~18)にかけてはもっぱら肉筆の美人風俗画を手懸け,気品のある清雅な画様で人気を得た。

(内藤正人)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鳥文斎栄之
ちょうぶんさいえいし

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の鳥文斎栄之の言及

【細田栄之】より

…浮世絵師。鳥文斎栄之ともいう。浮世絵師としては珍しく旗本の出身で名は時富(ときとみ)。…

※「鳥文斎栄之」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鳥文斎栄之の関連キーワード細田栄之司馬江南初代歌川国貞鳥居清次藤麿籟堂葛飾北洋菊川派桜川文橋春川栄山

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鳥文斎栄之の関連情報