コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥文斎栄之 ちょうぶんさい えいし

美術人名辞典の解説

鳥文斎栄之

江戸後期の浮世絵師。江戸生。姓は細田、名は時富、鳥文斎は号。初め狩野栄川院に学び、将軍徳川家治より栄之の画号を与えられた。のち浮世絵で名を成し多くの門人を輩出する。肉筆画にも優れた。文政12年(1829)歿、74才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

鳥文斎栄之【ちょうぶんさいえいし】

江戸後期の浮世絵師。姓は細田,名は時富,鳥文斎と号した。江戸勘定奉行の長男として生まれたが,家督を子に譲って浮世絵に没頭,気品のある美人画を描いた。代表作は《青楼芸者撰》の連作。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鳥文斎栄之 ちょうぶんさい-えいし

1756-1829 江戸時代中期-後期の浮世絵師。
宝暦6年生まれ。もと旗本。絵は狩野栄川(かのう-えいせん),文竜斎にまなんだという。黄表紙の挿絵や錦絵(にしきえ)で独自の美人画様式をつくりあげた。肉筆画もおおくのこす。文政12年7月2日死去。74歳。江戸出身。姓は細田。名は時富。通称は弥三郎。代表作に「青楼芸者撰(せん)」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

鳥文斎栄之

没年:文政12.7.2(1829.8.1)
生年:宝暦6(1756)
江戸後期の浮世絵師。細田氏,名は時富,俗称は民之丞,弥三郎。細田家は500石取りの幕府直参旗本で,栄之の祖父は勘定奉行を務めてもいる。栄之自身は安永1(1772)年に家督を継ぎ,その後小納戸役などを歴任したが,寛政1(1789)年には致仕,隠居した。絵は狩野栄川院典信,のち文竜斎に師事し,すでに天明(1781~89)後期から浮世絵師としての活動を始めている。初期の作品は天明期の巨匠鳥居清長の影響を強く反映し,清長風の美人画などを描いているが,家督を譲って本格的な作画活動に専心する寛政期(1789~1801)には,独自の静穏な美人画風を打ち立てた。特に,女性の全身像に独自の様式を確立,十二頭身と表現されるすらりとした体躯のなよやかな美人錦絵を,寛政後期まで多数制作している。寛政後期から享和~文化(1801~18)にかけてはもっぱら肉筆の美人風俗画を手懸け,気品のある清雅な画様で人気を得た。

(内藤正人)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鳥文斎栄之
ちょうぶんさいえいし

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の鳥文斎栄之の言及

【細田栄之】より

…浮世絵師。鳥文斎栄之ともいう。浮世絵師としては珍しく旗本の出身で名は時富(ときとみ)。…

※「鳥文斎栄之」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鳥文斎栄之の関連キーワード月斎峨眉丸鳥園斎栄深鳥高斎栄昌一貫斎栄尚片岡球子

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android