コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥養道晰 とりかいみちあき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鳥養道晰
とりかいみちあき

[生]?
[没]慶長7(1602)/慶長9(1604)
江戸時代初期に車屋本といわれる謡本を刊行した人。謡曲に詳しく,鳥養流の能書家としても知られる。初め宗晰といい,文禄年間 (1592~96) 頃に改名。豊臣秀次に仕え,文禄4 (95) 年秀次の命を受けて山科言経 (ときつね) や五山の僧らとともに,謡本百番の注釈を行なった。当時は,京都下立売に住んでいたが,慶長3 (98) 年には石田三成に従って奥州に下向。同6年新刊の謡本を後陽成天皇に献上した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

鳥養道晰の関連キーワード本願寺本願寺伝通院伝通院ホルオドンネルイギリス音楽貝原益軒東インド会社(ひがしいんどがいしゃ)キリシタン関係主要人名

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android