(読み)にお

精選版 日本国語大辞典「鳰」の解説

にお にほ【鳰】

[1] 〘名〙 鳥「かいつぶり(鸊鷉)」の古名。《季・冬》
※新撰字鏡(898‐901頃)「鶙 爾保」
※宇津保(970‐999頃)藤原の「中島に水のたまりに、にほといふ鳥の心すごく鳴きたるを聞き給て」
※菟玖波集(1356)雑三「鏡の山に月ぞさやけき にほてるや鳰のさざ波うつり来て〈藤原家隆〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

野選

《「野手選択」の略》野球で、打球を捕った野手が一塁で打者をアウトにできるのに、先行走者をアウトにしようと他の塁へ送球し、間に合わずに全走者を生かすこと。フィールダースチョイス。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android