コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳳凰丸 ほうおうまる

3件 の用語解説(鳳凰丸の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鳳凰丸
ほうおうまる

幕末期,江戸幕府が海軍力を充実するため,浦賀で建造した画期的な西洋型軍艦。計画と着工は嘉永6 (1853) 年6月のペリー艦隊来航以前であったが,幕府の大船建造禁止令解除と『鳳凰丸』建造の公式発表がペリー来航後なのと,竣工が翌7年5月のために,見かけだけが西洋式の泥縄式建造の悪船というのが定説化している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ほうおうまる【鳳凰丸】

家紋・文様の一。鳳凰を円形にかたどったもの。ほうおうのまる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鳳凰丸の関連情報