コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳳翔 ほうしょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鳳翔
ほうしょう

旧日本海軍の航空母艦 (空母) の第1艦。初めから空母として設計された世界最初の軍艦で,1922年 12月横須賀工廠で竣工,24年に改装された。基準排水量は 7470tであったが,艦橋などを改めて,平甲板 (フラッシュデッキ) 型とし,常備排水量 9510t,速力 25kn。飛行機搭載数は常用機 15,補用機6を収容した。発着艦練習用に利用された。第2次世界大戦後,復員輸送艦として活躍,47年5月解体。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

ほうしょう【鳳翔】

愛知の日本酒。蔵元の「滝田酒造」は慶応元年(1865)創業。現在は廃業。蔵は常滑市古場町にあった。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

鳳翔

大日本帝国海軍の航空母艦。1922年12月竣工。航空母艦として設計・建造された世界初の艦。約7500トンの小型空母。同型艦なし。ミッドウェー海戦に参戦。終戦後は復員船として用いられた後、解体(1947年)。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典内の鳳翔の言及

【航空母艦】より

…18年にイギリス海軍は,未成客船を改造して,世界最初の全通甲板型空母アーガスArgus(約1万4000トン)を完成させた。22年には日本海軍が鳳翔(約7500トン)を完成させたが,これは当初から空母として計画され建造されたものとしては世界で初めてのものである。しかし,この時期にはまだ航空機の性能は低く,その攻撃力にはあまり大きな期待はかけられなかった。…

※「鳳翔」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鳳翔の関連キーワード京都府宇治市宇治蓮華京都府宇治市宇治平等院の鳳凰小林 省三郎大西 滝治郎草鹿 龍之介第四艦隊事件内田 正敏中国建築藤井 斉あ号作戦赫連勃勃鳥海松亭司空図陳元贇李淳風統万城杜甫蘇軾張載

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鳳翔の関連情報