コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳴門巻(き) ナルトマキ

デジタル大辞泉の解説

なると‐まき【鳴門巻(き)】

切り口が渦巻き模様になるように、食紅で着色した魚のすり身を、白いすり身で巻いて作ったかまぼこ。鳴戸。
昆布の上に魚のすり身を延ばし、巻き込んで蒸した食品。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

鳴門巻(き)の関連キーワード水産加工品鳴門・鳴戸ラーメンかまぼこ鳴門食紅

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android