コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

食紅 しょくべに

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

食紅
しょくべに

食用に用いられる無害の紅色色素の総称。一般にはキク科紅花から得られる植物性の食紅,サボテンに寄生するえんじ虫から得られる動物性の食紅の天然性のものをいったが,最近は化学合成による食用色素のうち赤色のものも食紅というようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しょく‐べに【食紅】

食品に赤い色をつけるために用いる色素。食用紅。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しょくべに【食紅】

古くから菓子やかまぼこなど食品を赤く着色することが行われていたが,その着色に用いた染料を食紅という。日本ではベニバナから得られる色素が一般に用いられた。ベニバナはキク科に属する植物で,それから食紅を得るにはまず赤い花を水に浸漬(しんし)し,黄色色素を除く。残渣を灰汁に浸漬すると紅色の色素が浸出してくる。浸出液に梅酢を入れpHを下げると紅色色素は沈殿する。沈殿した色素を絹の布でろ過し,乾燥させて製品とする。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しょくべに【食紅】

食品に赤い色をつけるために使う色素。特に、ベニバナの色素。食用紅。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

食紅の関連キーワードチャーシュー(叉焼)梅花卵/梅花玉子シラエビ(白蝦)紅生姜/紅生薑でんぶ(田麩)チャーシュースケトウダラ食品着色料めんたい子やしょうまカルコンワカサギギンダラシラエビ鳥の子餅豆腐蒲鉾朝日蒲鉾朝日饅頭御目出糖桜田麩

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

食紅の関連情報