食紅(読み)しょくべに

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

食用に用いられる無害の紅色色素総称。一般にはキク科紅花から得られる植物性の食紅,サボテンに寄生するえんじ虫から得られる動物性の食紅の天然性のものをいったが,最近は化学合成による食用色素のうち赤色のものも食紅というようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

古くから菓子やかまぼこなど食品を赤く着色することが行われていたが,その着色に用いた染料を食紅という。日本ではベニバナから得られる色素が一般に用いられた。ベニバナはキク科に属する植物で,それから食紅を得るにはまず赤い花を水に浸漬(しんし)し,黄色色素を除く。残渣灰汁に浸漬すると紅色の色素が浸出してくる。浸出液梅酢を入れpHを下げると紅色色素は沈殿する。沈殿した色素をの布でろ過し,乾燥させて製品とする。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 食物の着色に用いる紅色の人工色素。
※手袋のかたっぽ(1943)〈永井龍男〉「厚い小判形の菓子パンの台へ〈略〉更らにその上に紅い食紅で染めた、砂糖の花がちょいとのってゐるやつ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

マスターズトーナメント

1934年 B.ジョーンズと A.マッケンジーにより創設されたゴルフトーナメント。毎年4月第2週にジョージア州オーガスタのナショナルコースで行なわれ,「マスターズを制する者は世界を制する」といわれるほ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android