コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鴨下春良 かもした しゅんりょう

1件 の用語解説(鴨下春良の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鴨下春良 かもした-しゅんりょう

1805-1877 江戸後期-明治時代の和算家。
文化2年生まれ。武蔵多摩郡(東京都)の人。はじめ長谷川弘(ひろむ)に,60歳のときに川北朝鄰にまなぶ。慶応元年47題の算額を武蔵(むさし)府中六所神社(現大国魂神社)に奉納した。明治10年8月7日死去。73歳。通称は寅吉,与治右衛門。号は黄水。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

鴨下春良の関連キーワード石田遊汀(2)小林見外下間頼和昇斎一景関直吉土田古弓長滝竹里樋口逸斎松本良甫村瀬双石

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone