コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鴨下春良 かもした しゅんりょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鴨下春良 かもした-しゅんりょう

1805-1877 江戸後期-明治時代の和算家。
文化2年生まれ。武蔵多摩郡(東京都)の人。はじめ長谷川弘(ひろむ)に,60歳のときに川北朝鄰にまなぶ。慶応元年47題の算額を武蔵(むさし)府中六所神社(現大国魂神社)に奉納した。明治10年8月7日死去。73歳。通称は寅吉,与治右衛門。号は黄水。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

鴨下春良の関連キーワードネルソン序曲ムハンマド・アリーネルソンネルソンクリブ隠れキリシタン伊能穎則山田方谷山田方谷

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone