コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川北朝鄰 かわきた ともちか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川北朝鄰 かわきた-ともちか

かわきた-ちょうりん

川北朝鄰 かわきた-ちょうりん

1840-1919 幕末-明治時代の数学者。
天保(てんぽう)11年5月16日生まれ。御粥安本(ごかゆ-やすもと),内田五観(いつみ)に和算をまなぶ。静岡藩学校で洋算をおさめ,陸軍士官学校でおしえた。明治13年(1880)数理書院をつくり,西洋の数学書を翻訳,出版。大正8年2月22日死去。80歳。江戸出身。字(あざな)は有頂(うちょう)。号は立亭など。名は「ともちか」ともよむ。著作に「数学起源」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

川北朝鄰

没年:大正8.2.22(1919)
生年:天保11.5.16(1840.6.15)
幕末明治期の和算家。江戸の生まれ。御粥安本,内田五観に師事して関流を修める。維新後は静岡学問所で洋学を学び,明治7(1874)年陸軍士官学校教官となる。10年東京数学会社に参加。和算家ながら洋算家に伍して会社の運営に尽力した。13年に数理書院,20年には数学協会を興し,上野清,長沢亀之助らに多数の洋書を翻訳出版させる。『本朝数学家小伝』ほか和算史に関する著書もある。その蔵書は東大に収蔵されている。<参考文献>日本学士院編『明治前日本数学史』5巻,『日本の数学100年史』上

(佐藤賢一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

367日誕生日大事典の解説

川北朝鄰 (かわきたちょうりん)

生年月日:1840年5月16日
江戸時代後期;末期;明治時代の数学者
1919年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

世界大百科事典内の川北朝鄰の言及

【和算】より

…内田は高野長英に蘭学を学んでおり,塾の名はそこからきている。弟子には剣持章行(1790‐1871),法道寺善(ほうどうじぜん)(1820‐68),川北朝鄰(1840‐1919),その他多数の数学者がいた。法道寺は観山と号し,その観山が新しく見つけた方法であるとして,《観新考算変(かんしんこうさんぺん)》を各地に書き残している。…

※「川北朝鄰」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

川北朝鄰の関連キーワード長沢 亀之助鴨下春良生年月日阿部政樹明治時代天野栄親末期

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android