鵐目(読み)シトドメ

デジタル大辞泉の解説

しとど‐め【×鵐目】

《形が鵐の目に似ているところから》金属・革・木などの製品にあけた穴のを飾る金具。刀の鞘(さや)の栗形和琴(わごん)・箏(そう)、その他の器物のひも通しの穴の縁などに用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しとどめ【鵐目】

〔形が鵐の目に似ているので〕
刀の鞘さやの栗形や、琴・箏その他の器具のひもを通す穴につける金具の称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android