コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶏卵素麺 ケイランソウメン

3件 の用語解説(鶏卵素麺の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

けいらん‐そうめん〔‐サウメン〕【鶏卵素麺】

糖蜜の中に卵黄をそうめん状に細く流し入れて固めた菓子。博多の銘菓。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

鶏卵素麺

福岡県福岡市の名物菓子。砂糖を煮たてて作った蜜の中に卵黄を細く流し入れて素麺状に固め切り揃えたもの。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鶏卵素麺
けいらんそうめん

福岡市博多(はかた)の名物菓子。祇園山笠(ぎおんやまがさ)で知られる櫛田(くしだ)神社所蔵の『博多津要録』によれば、この菓子の創製は1671年(寛文11)である。この年10月15日、博多呉服町の豪商大賀(おおが)家は、自邸の書院落成に福岡藩主黒田光之(みつゆき)を招いて、茶うけに鶏卵素麺を進上した。仕法の妙を嘉賞(かしょう)した光之は、創作者である大賀家の番頭、松屋利右衛門を召し出し、福岡藩御用菓子司を申しつけた。利右衛門は、長崎で点心に長じた明(みん)国人から製法を習得したと伝えられている。鶏卵素麺の製法は、氷砂糖を糖蜜(とうみつ)として沸騰(ふっとう)させ、その中に卵黄をところてんのように突き出す。生(なま)の黄身は突き出されると同時に熱でそうめん状に固まる。これを引き上げて冷まし、30センチメートルほどの長さに切りそろえる。[沢 史生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鶏卵素麺の関連キーワード宇佐飴福岡県福岡市西区今津福岡県福岡市早良区内野福岡県福岡市西区小戸福岡県福岡市南区折立町福岡県福岡市東区勝馬福岡県福岡市西区小田福岡県福岡市博多区千代福岡県福岡市西区能古福岡県福岡市東区弘

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鶏卵素麺の関連情報