コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶯色 うぐいすいろ

色名がわかる辞典の解説

うぐいすいろ【鶯色】

色名の一つ。JISの色彩規格では「くすんだ黄緑」としている。一般に、ウグイスの羽の色をさし、やや濃いめの黄緑色。江戸時代から染色の色としてよく用いられた。アオエンドウを煮た鶯豆ヨモギなどを混ぜたの色が典型的。ウグイスはスズメ目ウグイス科の小鳥で、春に美しい鳴き声を聴かせてくれることから「春告鳥」とも呼ばれる。現代で春を感じさせる色として用いるときは、新緑のイメージもあって、やや薄く明るい色にすることがある。

出典|講談社色名がわかる辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

うぐいす‐いろ〔うぐひす‐〕【×鶯色】

染め色の一。緑に黒茶のまじったウグイスの背の色に似た色。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

鶯色の関連キーワード鶯羹・鴬羮鶯茶鶯羹

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鶯色の関連情報