鶯色(読み)うぐいすいろ

色名がわかる辞典の解説

うぐいすいろ【鶯色】

色名の一つ。JISの色彩規格では「くすんだ黄緑」としている。一般に、ウグイスの羽の色をさし、やや濃いめの黄緑色。江戸時代から染色の色としてよく用いられた。アオエンドウを煮た鶯豆ヨモギなどを混ぜたの色が典型的。ウグイスはスズメ目ウグイス科の小鳥で、春に美しい鳴き声を聴かせてくれることから「春告鳥」とも呼ばれる。現代で春を感じさせる色として用いるときは、新緑のイメージもあって、やや薄く明るい色にすることがある。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鶯色の関連情報