コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶯餅 ウグイスモチ

3件 の用語解説(鶯餅の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うぐいす‐もち〔うぐひす‐〕【×鶯餅】

餅または求肥(ぎゅうひ)であんを包み、両端をとがらせて青きなこをまぶし、鶯のような形・色にした餅菓子 春》

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

うぐいすもち【鶯餅】

和菓子の一種。求肥(ぎゅうひ)や甘みをつけた餅(もち)などであんを包み、うぐいすの形に似せ、仕上げに青きな粉(青大豆から作る薄緑色のきな粉)をまぶしたもの。

出典|講談社
和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鶯餅
うぐいすもち

青きな粉をまぶした餅菓子。餅または求肥(ぎゅうひ)を皮として小豆餡(あずきあん)を包み、両端をとがらせて青きな粉をまぶし、色合いと姿をウグイスに似せたので、この名がある。1846年(弘化3)になった山東京山(さんとうきょうざん)の随筆『蜘蛛(くも)の糸巻』に「通人の称美したるものなるに、今は駄菓子や物となりて」と記され、幕末にはこの菓子が桜餅などとともに、春先の甘味としてすでに大衆化していたことがわかる。一方、福井県坂井(さかい)市にある大和甘林堂(やまとかんりんどう)の鶯餅は、風雅な淡緑色の求肥を用いており、三国銘菓として知られている。[沢 史生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鶯餅の関連情報