鶯豆(読み)うぐいすまめ

百科事典マイペディアの解説

鶯豆【うぐいすまめ】

熟成したエンドウを甘く煮たもの。ウグイス色をしているためこの名があるが,着色したものも少なくない。(あん),和菓子にも用いられる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鶯豆
うぐいすまめ

エンドウの完熟種子を、水分を少なくし、砂糖煮にしたもの。できあがりが鶯色なのでこの名がある。またその材料となる、硬莢(かたさや)で熟色が緑色のエンドウもウグイスマメという。

[星川清親]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

うぐいす‐まめ うぐひす‥【鶯豆】

〘名〙 青豌豆(あおえんどう)を柔らかく甘く煮た食品。その色が鶯の羽の色に似ているところからいう。
※青べか物語(1960)〈山本周五郎〉毒をのむと苦しい「干物とうぐいす豆と佃煮を買い」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる