コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶯豆 ウグイスマメ

デジタル大辞泉の解説

うぐいす‐まめ〔うぐひす‐〕【×鶯豆】

青えんどうを甘く柔らかく煮た食品。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

鶯豆【うぐいすまめ】

熟成したエンドウを甘く煮たもの。ウグイス色をしているためこの名があるが,着色したものも少なくない。餡(あん),和菓子にも用いられる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

うぐいすまめ【鶯豆】

青えんどうを砂糖と少量の塩でやわらかく煮含めた料理。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鶯豆
うぐいすまめ

エンドウの完熟種子を、水分を少なくし、砂糖煮にしたもの。できあがりが鶯色なのでこの名がある。またその材料となる、硬莢(かたさや)で熟色が緑色のエンドウもウグイスマメという。[星川清親]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android