コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春告鳥 ハルツゲドリ

4件 の用語解説(春告鳥の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はるつげ‐どり【春告鳥】

ウグイスの別名。
[補説]書名別項。→春告鳥

はるつげどり【春告鳥】[書名]

人情本。為永春水作、歌川国直画。天保7~8年(1836~1837)刊。商家の次男の若旦那、鳥雅と、女たちとの恋愛模様を描く。5編15巻のうち、前半の2編第5巻までが春水の単独作。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

春告鳥
はるつげどり

人情本。為永春水(ためながしゅんすい)作、歌川国直(くになお)画。五編15巻15冊。1836、37年(天保7、8)刊。「風月/花情」と角書(つのがき)。日本橋徳町(石町)の富商福富屋の次男で向島(むこうじま)の別荘に若隠居している鳥雅(ちょうが)と深川の芸者小浜、吉原玉楼の花魁(おいらん)薄雲、腰元のお民(たみ)との恋愛関係を描いた作品で、続編『春色籬(まがき)の梅』(1838)に至っていちおう完結する。二編巻之五までは春水単独作で、以下は門人の春蝶(しゅんちょう)、柳水(りゅうすい)、春暁、春江らの執筆している場面が多い。そのために構想も散漫で、文章も拙劣であるが、春水執筆の巻之五までは、筆力もさえ、春水独特の凄艶(せいえん)な場面描写の妙が遺憾なく発揮されている。多くの実在人物を登場させて「時代(ときよ)の風俗」を描こうとし、そのために女性の衣装描写もきわめて精細で、典型的な風俗小説である。[神保五彌]
『前田愛校注・訳『春告鳥』(『日本古典文学全集47』所収・1971・小学館) ▽神保五彌「風月花情/春告鳥」(『国文学解釈と鑑賞』所収・1965.5・至文堂)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の春告鳥の言及

【ウグイス(鶯)】より

…これらそれぞれのグループ内の近縁種は,互いに姿,羽色が非常によく似ているが,さえずりは種ごとにはっきりと違っている。【樋口 広芳】
[民俗]
 春に早く現れて微妙な声で鳴くので,春告鳥,花見鳥,歌詠鳥,経読鳥などの異称がある。この鳥を重要な要素とする昔話に,鳴声で父が子の死を知る〈継子と鳥〉,禁止を守らず幸福を失う〈見るなの座敷〉,愚か嫁がウグイスの声をまねて失敗する〈鶯言葉〉などがある。…

※「春告鳥」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

春告鳥の関連情報