鶯茶(読み)うぐいすちゃ

色名がわかる辞典の解説

うぐいすちゃ【鶯茶】

色名の一つ。JISの色彩規格では「暗い灰みの」としている。一般に、茶色がかった黄緑色のこと。鶯色と同じく、スズメ目ウグイス科ウグイスの羽の色をさす。実際に羽の一部に茶色みがかった部分があり、あくまでも印象としての色合いなので、見方によっては色にも鶯茶にも見える。江戸時代に流行した着物の色の一つで、女性が好んだとされる。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

うぐいす‐ちゃ うぐひす‥【鶯茶】

〘名〙 染め色の一種。鶯の背の色に似て、褐色がかった黄緑色。江戸時代、女性に特に好まれた。うぐいすいろ。ひわちゃ。〔女重宝記(元祿五年)(1692)〕
※浄瑠璃・山崎与次兵衛寿の門松(1718)上「春しり顔に七つ屋の蔵の戸出るうぐひす茶の、布子の袖を」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android